推し事日記

Life is a comedy in long-shot.

あんさんぶるスターズ!オン・ステージ to the shining future

大阪公演(シアター・ドラマシティ)を見てきました。
新神戸に苦い思い出がある分(単に私が神戸の地理に明るくない)、シアター・ドラマシティむちゃくちゃ便利じゃないですか…?
関西圏随一の便利さだと思う…。若干ロビーが狭いかな?という気もしますがあんなもんですよね…。
ただ前回(あんすてtym)同様物販の完売が早くて、関西公演何かと物販数甘く搬入されてるな……って気はついしてしまう…。
あんすてに限らずどの舞台もですが。


今回は、あんすたのメインストーリーである、主役tricksterが敵方であるfineに勝利するまでの一連のストーリーの最終となる公演でした。
私の推し・前山剛久さんは二作目からの出演だったんですが、今作ではラスボス的立ち位置、驚異であり(今作のなかでは)絶対的悪として機能する役所でした。
二作目の時は奇妙さを表すためか、今作よりも多少得体の知れない軽薄さがみられる演技だったんですが、今作では本当に台詞ひとつひとつが重い、ひとつひとつ置きにいった話し方というか、言葉ひとつに責任がある立場の人間を表した演技のように感じました。
今作は前山剛久さん演じる天祥院英智は、孤高に君臨する皇帝といった役だったんですが、付き従う仲間(小松準弥さん演じる蓮巳敬人や星元裕月さん演じる姫宮桃李)にも、勿論敵対するtricksterにも真には理解されない、孤独な役どころだったように思います。
勿論その孤独は前山さん一人の演技で成り立っていた訳でなくて、例えば今回では桃李が英智の台詞ひとつひとつに毎回違った表情をするんですけど、その反応が時に思惑通りであったり、意に反したものであったりして、英智の孤独を浮き彫りにする演技を添えていたな、と感じました。
そして最後にfineとtricksterが対決するシーンで、tricksterのパフォーマンスを英智が一人じっと見下ろす、という描写があるんですが、fineで叶えられなかった理想をtricksterが体現している、その様を見つめる英智、という表情の演技が、恐ろしさもありつつ、物悲しさもありつつ、という演技で、表情ひとつから色んな感情を考えてしまう演技でした。

また、今回はメインストーリー最後ということで既出のユニット全メンバーが出演しており、ライブパートも華やかでした。
以下抜粋で心惹かれたところだけ…。

・流星隊
村川翔一さん演じる高峯翠の歌い方、踊り方が一年生らしい不慣れさ、振りきれなさで、対する佐伯亮さん演じる守沢千秋のダンスが誰よりも大きく切れがよく、先輩後輩の差が僅かな所作に表れているな~と感じました。
メテオレンジャーの振りでスクワットをするところがあるんですが、守沢だけフルスクワット(膝より下まで腰を落とすスクワット)で、確かに守沢ならそうしそう!と感じて感動しました。
そして今回新キャストの深海奏汰役堀海登さん、むちゃくちゃ可愛かった…。
前回の石井祐輝さんとはまたちがう、可愛いに振り切った深海奏汰はこうだろうな!と思わせる役作りでした。

・UNDEAD
基本的にライブビューイングより劇場で観劇する方が好きなんですが、darkness4のライブパートに限ってはライブビューイングでみて良かった!と感じるくらい格好良かったです。
ふとした瞬間にはっとするような美しい構図になることがあって、それはカメラワークであったりカメラを意識したキャストの方の演技であったりのおかげなんだと思いますが、darkness4はそれが顕著だったように思います。
特に奥谷知弘さん演じる羽風薫の表情が、センターのような説得力と色気があって、UNDEADというユニットを体現していたな、と…。
羽風は今作では大筋に絡むキャラではなかったんですが、曲だけでユニットの世界観が十分伝わるようなパフォーマンスでした。


今回あまりにもあまりにも時間がなくて、ウェブデコさんでうちわを作っていただきました。
100均で材料揃えて作るよりはずっとずっと料金はかかるんですが、納得の美しさなので、時間をお金で買う必要がある社会人の方は是非…。
f:id:oshigoto7787:20180212015724j:plain
f:id:oshigoto7787:20180212015750j:plain
諸般の事情で流星隊うちわで参戦しました。
うちわはいつも悩みますね、楽しい悩みです。

2017年総括(5月~)

全く更新していませんでしたが、読み返してみると面白かったのでやはり備忘録的に色々残しておこうかと思いまして。
前回の記事以降の記録です。
多分、ちょこちょこ抜けてるかも…?

5月
きみはいい人、チャーリー・ブラウン(サンケイホールブリーゼ)
村井良大さん目当てで。
客層が普段の2.5次元と全然違って、ちっちゃい子も多くてたまにはこういう観劇も良いなぁ、と。
テンポが良くて、短い話を次々と繰り返す構成なんですが同じ構成がひとつもなく見ていて飽きがなく、わかりやすさと面白さのバランスが絶妙でした。
こういう作品で観劇デビューできたら舞台って面白いって思うんだろうなぁ。

7月
ヘタリア the great world(NHKホール大阪)
NHKホールは綺麗だった……たまには綺麗な箱も良いなぁ。

原作のヘタリアが好きでヘタミュは欠かさず見ているんですが、ヘタミュには散々抉られると言いますか、散々作品の辛い部分を的確に突いてくる構成に愛しくも憎らしい気持ちがいっぱいだったのですが、今作は清々しい感動の涙で締め括れました。
なんといってもプロイセンの描写が良かった…。
最初で最後のプロイセンだったんですが、騎士団らしい荒々しさと兄としての勇ましさが同居した良いプロイセンでした…。

8月
あんさんぶるスターズ!knights単独ミニライブ(新宿ブリーゼ)
舞台じゃないけど、私の備忘録なので…。
ライブハウスなんですが、はちゃめちゃに迷った…。
声優さんのイベントはほぼ初めて?でした。
生歌で高音が安定していて、プロってすごいなぁ……と思った記憶が。

9月
あんさんぶるスターズ!on stage judge of knights(新神戸オリエンタル劇場)
新神戸に迷わずに行けた試しがない…。
新神戸ってご飯食べたりゆっくりできるところなくないですか?絶妙に不便…。

KnightsDDを自負しているんですが、改めてknightsは皆良い……と深く深く思った舞台でした。
あと、劇中オリジナル曲がすっごく良かったです。

10月
K missing king(京都劇場)
御芍神紫役佐々木喜英さんが声のみの出演だった回に見に行きました。
荒牧慶彦さんの一人殺陣やアンサンブルの方々の立ち回りが、御芍神紫を見せる殺陣のようで、結果としては不完全なものなのかもしれませんでしたが、見ていてとても感動しました。
二列目ドセンで見たんですが、荒牧慶彦さんの汗が背中にまで染みるほどの真剣な演技にとても感動しました。
あんなに美しい人が髪を振り乱して熱演している姿はとても迫力がありました。

弱虫ペダル ヒートアップ(メルパルク大阪)
原作でいろは坂のシーンが大好きだったんですが、それよりも京都伏見のヤマのシーンがとてもとても感動して泣けました。
予習なしで行ったんですが、ずっとパズルライダーをされていた一瀬悠さんが本役をされていたんだった…。
原作では何気なく読んでいたシーンが舞台で演出が加わると思い入れが増す、というのも、観劇の楽しさかなと思います。

12月
刀剣乱舞 ジョ伝三つら星刀語り(福岡サンパレス)
荒牧慶彦さんに惹かれて福岡まで行ってしまいました。
刀剣乱舞を予習なし(小田原の配信は見ました)で行ったんですが、刀ステって無茶苦茶面白くないですか!?
舞台としての面白さがあると思う……原作への理解度が低くても面白かった。
ベースが日本史ということでわかりやすさがあるのかとも思いますが、殺陣の華やかさだったり構成の面白さだったり、音響効果だったり、単純に舞台としての面白さが際立っていて見ていて、原作全く知らないことを忘れるくらいのめり込みました。
本当、なんでこんなに面白いんだ…?ってくらい面白かったです。
本当凄いです、前作も見たい…。
荒牧慶彦さんは、最初は卑屈で弱々しいキャラクターなのかな?と思ったんですが、熱を持ったシーンで絶叫する演技では本当に熱く格好良かったです。
Kのクロ、あんすたの朔間凛月と物静かなキャラクターを演じているところばかり見ていたので、今回見た山姥切国広は私のなかで荒牧さんの降り幅の大きさを知れた舞台でもありました。
そしてやっぱり荒牧さんの殺陣は無茶苦茶に美しい…。ずっと見ていたくなる殺陣です。

ペダステとKステリリイベ

あまりに時間の経った話ですが、ここは私の備忘録なので。
2月にペダステ、3月にKステのリリイベに行って参りました。

ペダステに関してはいろは坂までは絶対に!観る!と決めていますので、次はいろは坂きますよと言わんばかりの終わり方に期待大でした。
いろは坂のエピソードがとかく好きで…。通います…。
次は秋かな?
9月にあんステ、10月にKステなので、11月くらいに来てほしい…。そんな都合よくはいかないかもしれませんが、期待だけはしています。

Kステリリイベに関しては、私のなかで初の接触イベントでした。
植田圭輔さんと安西慎太郎さんが登壇されたんですが、植田さんに関しては何度も何度も見た方なので想像通り、だったんですが、安西さんは予備知識0のところで初の接触イベだったので推しのはずの植田さんより印象に残ってしまいました。
格好良かったです…。

あんさんぶるスターズ!オン・ステージ take your marks

これを書いている頃は千秋楽真っ只中なんですが…、気を抜いていてライビュチケットをのがしてしまいましたので。

2次元界隈で超人気のあんすた。その舞台に前山剛久さんが出演されるとなって、出演決定から慌ててゲームをはじめ、初めてプレミアムシートに挑み、初めてサイリウムを振るタイプの舞台に行ってまいりました。(ペダステもサイリウム振りますが、本編はそういった雰囲気ではないので……。ロスモワのアイドルKも同様に……)

私は本当に本当にゲームというものが苦手でして、結果をいうと観劇までに然るべき部分まで読破出来なかったんですが、それを差し引いても楽しかったし今回ゲーム原作だし……と参戦を見送った方には是非是非あんすた初めてほしい!
何故なら、

①どう考えても次がある終わり方

前山さん演じる天祥院英智は、主人公と敵対するキャラクターなのでどう考えたってこれから出番が増えてくるキャラクターなんですね。
そして今回、主人公ユニットがこれからどうなる!?という次への期待を煽られるところでの終わり方でしたので、これはもうあるだろ、としか…。
次があるなら主人公と敵対する前山さんのキャラクターは必須なので、是非是非今からでも遅くないですので……。


②アイドル前山剛久が見られる

前山さんファンの皆さん、アイドル前山剛久好きでしょ?という安直な同意の求め方ですが…。
やっぱり歌って踊る前山剛久さんは最高に最高に可愛いし、客席降りファンサ有でアイドルを体現してくれてて前山剛久さんの入り口がアイドルだった方は是非!!
あんステという題材・ストーリーの構成上芝居とライブが半々なので、ライブを見に行く!という気持ちで参戦すると良いのかも…。
私は完全に舞台の気分で行ったので始終ポカンとしていたので……本当……
うちわ可、公式サイリウム有りなんですが、サイリウムが売り切れでまさかのプレミアムシートで手ぶらという仕打ちを受けたんで、次があるなら絶対サイリウム握り締めて参戦します…。
事前通販があったのかな…、隣が何本も持ってるなか手ぶらで肩身が狭かったです…。
ところで肩以上に手を上げないよう、というアナウンスのなか拳を上げるよう煽られた時の正解とは…???と、アイドルものの舞台の難しさを体験しました…。

天祥院英智というキャラクターは、病弱で細身の美少年のようなキャラクターデザインなんですが、本当に儚げで弱そうで繊細そうで……こういう王道の美少年を演じる前山さんというものを久しぶり?初めて?見た気がして大変ときめきました。

Dステ19th お気に召すまま

兵庫公演を観劇してきました。
観劇後即これを書いてる次第です。

今回の観劇に先立って原作を読み、これって面白いんだろうか……??という不安を胸にしながらもどうしても期待値の高さが下がらなかったのはひとえに前山剛久さんが女形を演じるということが楽しみで仕方なかったからです。
私は前山さんのビジュアルに全幅の信頼をおいているので、多少シェイクスピアの言い回しが合わなかろうがきっと楽しめるだろう、と信じて疑わず挑みました。

この観劇後の気持ちを一言でいうと、多幸感に満ちているな、と。
誰も死なず誰も傷付かず100点のハッピーエンドで幸せな気持ちしか残らない舞台でした。
随所に笑いのスイッチが散りばめられていたし、前山さんに関してもただの可愛いお人形でなく笑いを取る場面もあり、ただ単に女形しましたというだけでなく前山さんの演じるロザリンドが見られたな~~と感じることが出来ました。
前宣伝やインタビューでわかりやすくなってますということを大変謳っていたなと思うんですが、その前宣伝に比べては予想より原典通りの言い回しだったかなと思います。
ちょうど兵庫公演開始前に「K lost small world」のDVDが発売されたんですが、そこでの役・十束多々良と比べ15倍くらいの台詞量であんなに喋る前山さん初めて見たな…と感じました。


そして事前インタビューで散々前山さんの顔は好みじゃないと言って憚らなかった柳下大さんでしたが、最後の最後の大千秋楽カーテンコールでロザリンドを大事にするオーランドーを見せてくれてとても良かった……あそこは絶対DVDに入ると信じています。

女形繋がりでシーリア役の西井幸人さん、初めて演技を見たんですがとっっっっても可愛くてまさに妹といった感じで感動的でした。
声に違和感がなくて女形がはまってるなぁ……と感じました。
大千秋楽挨拶で「怒られても良いから自分がやりたいことをやる」と言っていたことがとても印象に残っています。


シェイクスピア難しいかな、噛み砕けるかな…と不安だったんですが、コミカルな演出とはまり役ばかりのキャスティングに助けられて幸せな気持ちで見終わることが出来ました。
お気に召すまま、来年にまた東宝でも上演されるらしく色んな演出色んな座組で楽しめるのが古典の良いところだと思いますのでこれを機に古典も深められたら良いな…、と感じた芸術の秋でした。

https://twitter.com/yukky_0614/status/800240800181301248

カレンで美しい絶対ヒロイン女優前山剛久最高でした。

舞台弱虫ペダル 箱根学園新世代、始動

大阪公演とライブビューイングで観劇してきました。
劇中エピソードに2016年10月現在単行本未収録のものが含まれているそうです。
雑多に感想、私観をだらだらと書いていきます。




私はとにかく弱虫ペダルの原作が好きで、更に箱根学園が好きで、箱根学園ファンならとても思い入れの強い追い出しレースのエピソードということで期待値高めで見てきました。
ですが追い出しレースのエピソードは前作「総北新世代、始動」、前々作「irregular 2つの頂上」でちょいちょい出ているんですよね~。
なので箱学といえば追い出しレース!(超主観)という重要(超主観)なエピソードなのにも関わらず、薄味な演出だったかなぁ~という感じでした。
私は黒田雪成というキャラクターが好きでして、追い出しレースの黒田雪成といえば原作でほぼ初めてといっても良いくらい大々的にエピソードらしいエピソードがあった回なんですね。

ですが追い出しレースでの黒田のエピソードはほぼほぼ「野獣覚醒」で演出されていて、今回は黒田雪成のモノローグで語られるのみ。
演出を盛り込んだら「野獣覚醒」と重複する部分が多すぎるというのもわかりますがこれは少し残念でした。
同様に、真波山岳と東堂尽八とのエピソードも「irregular 2つの頂上」で出し切っていた感があったため、今回の舞台では薄味でした。

ただ、今回のテーマが前作同様「新世代始動」であるということで、新キャストを光らせる演出に富んでいた点は次を期待させる作りだったなと感じました。
特に葦木場拓斗と新開悠人のエピソードは、前作の今泉俊介と杉元照文との関係性に似ているのかな、と感じました。
導く側である葦木場や今泉は、どちらも色んな意味で弱さが際立つキャラクターであり、原作内で何度も脆さが垣間見える二人だと思います。
その二人が導く側として、後輩である悠人であったり非レギュラーメンバーである杉元であったりの上に立つ。
構図としては先輩後輩やレギュラー非レギュラーといったパワーバランスですが、導く側、特に葦木場は悠人を指導する立場にたつことで自身の成長やエースたる存在だという説得力を表していたんじゃないかな、と。
前作での葦木場は、内面の脆さであったり個人的なエピソードに終始していたりと、あくまで葦木場個人に対しての演出が多かったなと思うんです。
それが今回は悠人はじめチームメンバーとの関わりが描かれていて、新世代箱学はこういうチームですよ、という点を表していたなと思いました。


役者さん個人のことでいうと、私は「野獣覚醒」からペダステを追っていて、それが黒田雪成を演じる秋元龍太朗さんの初出演回でした。
今回、ペダステキャスト内で3番目?に出演回数が多くなり、とてもしっかりしていてそれが大千秋楽の挨拶に表れていたなと思いました。

そして今回箱学編であるため狂言回しに徹していた総北メンバーである鯨井康介さん、八島諒さんの存在はすごく濃厚だったなと思っていて、個人的には前作以上に「ペダステのT2」とはこういうものですよ、ということがわかったな、と思いました。

私は以前真波山岳を演じていた植田圭輔さんの演技を見て、真波山岳が好きになったという経緯があるんですが、役者さんの解釈によって作品の楽しみ方が広がるということってあるよなぁ、と改めて実感しました。
今回、「ペダステのT2」を見ることが出来て、より弱虫ペダルを楽しむ幅が広がったなと。
そして私はこれから新世代でのインターハイで待ち構えているいろは坂でのエピソードが大好きなんですが、このエピソードをこの手嶋純太がどう演じるのかな!?という期待を抱いています。

他、三年生四人が前キャストとは全く違う三年生を作ってくれて今までずっと見ていた三年生なのに新鮮でとても楽しかったなー、とか。
新キャストでいうと二代目真波山岳を演じる谷水力さんが、前キャスト植田圭輔さんの演じていた真波山岳と全く違っていて改めて植田さんは真波の内面を掘り下げた演技をしてたんだな、と実感した、とか。
一年目のインハイで負けを経験してそこから新たなロードレース哲学を掘り下げた真波が、もう一度二年目のインハイで手嶋純太と出会って自分の哲学が揺らぐ経験をする様をどう演じるのか今から楽しみで仕方ない、とか。
新開悠人役飯山裕太さんのカーテンコール挨拶が可愛くて仕方なかった、とか。
とにかく色んな感想が沸いてきてこうやって始終弱虫ペダルの世界を楽しんでいられることが、ペダステの醍醐味だな、と雑多にまとめておきます。

それぞれの役者さんの挨拶に次についての言及が多くあったので次も有るのだろうな、と思うんですけど、総北、箱学と新世代の揃ったペダステをぼちぼちと追い続けていきたいな~と、やっぱりペダステ楽しいな~というのが何だかんだ書いた上でのまとめでした。

お気に召すままとあんさんぶるスターズ。

前山さんの1月の舞台スケジュールが発表されまして、早速あんさんぶるスターズをダウンロードしてみました。
飽き性なのでゲームの類いは全くのノータッチなのですが、1月までの猶予があるので手を出してみようかと思いまして。
初めて早々、前山さん演じる天祥院英智エンカウントしないんだが…?と行き詰まっています。
1月までにゲームの世界観をざっくりと知ることが出来れば良いかな、という目論見で頑張ります。
あとは前作がなかなか好評だったようなので、チケット戦争に勝てるかなというところが目下の心配事です。

f:id:oshigoto7787:20160921010934j:plain
こちらが天祥院英智
7月に演じられたKの十束多々良と近いビジュアル要素なので似合うんじゃないかな、と期待しています。
あんステは歌って踊るらしい?ので、歌って踊る前山さん(AKR四十七/大石主税)きっかけでハマった身としてはとても楽しみです。


それより先に11月にはお気に召すままがあるわけですが、先日原作?を一読しました。
時代背景を理解しきれていないので細かい部分はわかりませんが、ざっくりとストーリーの流れを頭に入れた上で楽しみなのは男装のロザリンドがオーランドーに自分をロザリンドに見立てて口説かせるシーンです。
男装のロザリンドがどんなビジュアルになるのか、や、口説かせるシーンのちょっと小生意気なセリフがなかなか前山さんっぽいのでは?と楽しみにしています。
作中で前山さんの役は始終恋する役なのでその女性らしい機微をどう表現するのかを楽しみたいなぁと思っています。
演者の方の各誌インタビューもポツポツ上がってきていますが、前山さんの相手役であるオーランドーを演じる柳下大さんがとにかく何度もどの紙面でも前山さんの顔はタイプでないと強調していて!(笑)
顔はタイプでない、女性役を演じるにしてはがっちりしている、とこき下ろしていて(笑)
変な話、私は前山さんのお顔が大好きなので(そして前山さんは共演者の方々に顔を褒められることが多いので)、柳下さんの新鮮な意見がまた面白かったりしています。
Dステは長丁場なので共演者の方々の発言も楽しんでいきたいな~と、色んな媒体をチェックしています。